バイナリーオプションの悔しい話

バイナリーオプションを始めてしばらくたつのですが、これまでに散々やられてきたのでリスク防止の対策をするようになりました。一つは、逆指値というシステムを利用することです。私はこれまで、売買したものが黒字になったにも関わらず、すぐに利確せずにもう少し利益が大きくならないかとひたすら待っていたりしました。しかし、モタモタしていたせいで相場は逆の方向へ行ってしまい、気付いたら利益になったはずのものがかえって損失となってしまったのです。これには本当に自己嫌悪に陥りました。

 

しかし、利確した時にはさらに相場は一方通行で進み、利確しなければもっと儲かっていたということも何度もありました。そこで私は、大きく利益になった時には逆指値を利用するようになりました。儲けが損失にならない程度の数字を指しておくという方法です。儲けが損失になることを防ぐ方法です。逆指値をしたら、あとは相場を見ないでひたすら放置します。

 

しかし、最近よくあるのは、相場が指定した数値まで一瞬の隙に来てしまい、約定されるということです。しかもチャートを見てみると、その数値となったのは本当にほんの一瞬で、約定していなければとことん儲かっていたような相場にまたひたすら戻っていくのです。これ、かなり意地悪です。バイナリーオプション関連の掲示板を見ると、「逆指狩り」という言葉が出てくるのですが、こういう状態のことを言うのでしょう。自分だけでなく誰でもやられていると思うと少し安心するにはするのですが、やはり悔しいです。